おすすめ 転職

【公認会計士転職】30代の転職事情(監査しか経験のない方は要注意です)

考えている画像

 

そろそろ監査法人から卒業したい
監査法人だけでなく他のことを経験したい

 

監査法人にいて気づいたら30代になっているという方は少なくないのではないでしょうか。

 

監査法人で監査しか経験がない場合、未経験の分野への転職は30代半ばまでであることが多いです。

 

30代後半になると、英語やマネジメントスキルなど他のスキルを必要とし、公認会計士資格だけでは厳しいというのが現実になっています。

 

そこで、30代の公認会計士の転職先ごとの転職事情について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

コンサルティングファーム

大手監査法人のFAS

BIG4などの大手の監査法人に属するFASは、取り扱う規模が大きく、大手上場企業、外資系企業などが主なクライアントになります。

 

監査をやっている公認会計士にとっては、財務DDなど、会計士の知識をそのまま生かすことができるので、人気の転職先になっており、30歳前半から半ばであれば比較的スムーズに転職できます。

 

一方で、企業価値評価や不正調査などは、特別なスキルや経験が必要になるので、監査の経験しかない公認会計士であると、転職するには早めの方がよく40代になってしまうと採用されにくい傾向にあります。

 

ただ、今は人手不足が続いているので、FASへの転職は比較的しやすいです。

 

FAS業界への転職でおすすめはジャスネットキャリアマイナビ会計士

 

中小独立系のFAS

中小独立系FASは中小の監査法人、会計事務所などに属するFASを言います。

 

大手の監査法人とは違い、成長企業、オーナー企業、中堅企業がクライアントとなり、1つのチームで1つの案件を行うことが一般的です。

 

監査経験のみの公認会計士の転職は、30代半ばまでならスムーズに転職できます。

 

中小独立系のFASは監査部門とFAS部門を厳密に分けていないことが多く、はじめは監査部門で採用されFASも業務として行うことが可能です。

 

監査経験しかなく、年齢が気になっている方は、おすすめの転職先になります。

 

FAS業界への転職でおすすめはジャスネットキャリアマイナビ会計士

 

一般事業会社

公認会計士は会計の専門家南尾で、事業会社の求人のメインは、上場会社の経理部がメインになります。

 

その他は、IPOを目指している会社のCFO候補、上場会社の経営企画、内部監査室が多いです。

 

事業会社への転職は、監査法人からの転職となると年収が下がる傾向にあります。

 

年収を今のままにしたいと考えると、管理職での採用が多いです。

 

一般事業会社への転職の年齢は30代であれば比較的スムーズにでき、監査経験しかないと40代になると選択肢が一気に減る傾向にあるので、30代のうちに転職しておく必要があります。

 

一般事業会社の転職でおすすめはマイナビ会計士

 

会計事務所

会計事務所での業務はFASと税務業務です。

 

会計士が所長の場合は、FASがメイン、税理士が所長の会計事務所では税務しか扱っていないケースもあるため、ご注意ください。

 

会計事務所は、税理士法人より規模が小さいイメージで、顧客に密接に関与できます。

 

転職の年齢は30代であれば比較的スムーズにでき、40代になると監査以外の経験があると強みになります。

 

会計事務所の転職におすすめはジャスネットキャリアMS-Japan

 

税理士法人

税理士法人は会計事務所が大きくなったイメージです。

 

法人ごとに求人の内容は異なり、規模もBig4のような大きいところから小規模の税理士法人までさまざまです。

 

そのため、税理士法人の求人を考えている方は、さまざまな税理士法人の求人を比較し、ご自身の進みたいキャリアが実現できるのかを判断する必要があります。

 

転職する際の年齢は、税務業務が未経験の公認会計士の場合、転職するなら早い方がよく、40代になると選択肢の幅が減り、チャンスは一気に減ります。

 

税理士法人への転職を考えている方は、30代のうちに転職しておきましょう。

 

税理士法人への転職におすすめはジャスネットキャリアMS-Japan

 

30代の公認会計士が転職するときに考えておくこと

ゴールの画像

転職をする際に考えておくべきことは、ご自身の今後の方向性です。

 

20代であれば、何も考えずに、未経験の職場に飛び込めますが、30代となると、即戦力として採用されることが多いです。

 

自分のやりたいこと、将来こうなりたいなど、方向性をきちんと持つことで、転職後の仕事にやりがいを感じることができ、転職の失敗を防げます。

 

また、公認会計士であっても40代になると、転職先の選択肢が一気に減るので、30代のうちに方向性を決め、動けるうちに動き、公認会計士としてのキャリアを再スタートさせましょう

 

まだ、やりたいことが明確になっていない方は、転職サイトに登録をし、転職先の情報をできるだけ多く、キャッチアップしてください。

 

情報を多く得ることで、考えていなかった選択肢が見えてきたり、なんとなく将来こうなりたいなどが見えてくる可能性が高まります。

 

何も行動しないと貴重な30代が終わってしまい、40代になった時に、転職したくても転職できない状況になってしまいます。

 

そうならないために、まずは情報を得るところから始めましょう。

 

おすすめの転職エージェントは、ジャスネットキャリアMS-Japanマイナビ会計士です。

 

この3つの転職サイトは公認会計士の転職に特化した転職サイトなので、濃い情報が得られます。

 

また、転職サイトによって得意な分野があるので、1つだけではなく、複数の転職サイトに登録をすることをおすすめします。

 

おすすめの転職サイトはこちらの記事でも書いています。参考にしてみてください。

未来の写真
公認会計士が転職を考えたときに利用するといいおすすめの転職エージェント、サイトを紹介

  そろそろ転職したいなあ… 会計士に特化した転職サイトはあるのかな? どの転職サイトがおすすめなんだろう   転職を考えている公認会計士は多いのではないでしょうか。   ...

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

-おすすめ, 転職