おすすめ 転職

公認会計士が転職を考えたときに利用するといいおすすめの転職エージェント、サイトを紹介

未来の画像

 

そろそろ転職したいなあ…
会計士に特化した転職サイトはあるのかな?
どの転職サイトがおすすめなんだろう

 

転職を考えている公認会計士は多いのではないでしょうか。

 

特に、監査法人に勤めている公認会計士であれば、ほとんどの人は、転職を考えているのではないでしょうか。

 

慎重になればなるほど、監査法人をやめるタイミングがわからなくなり、ズルズルと監査法人にいる人は、少なくないと思います。

 

慎重派の人であるほど、転職に失敗はしたくないですよね。

 

そんな方に向け、会計士に特化した転職サイト、おすすめの転職サイトをご紹介します。

 

結論は、転職サイトは複数登録をするほうがよく、特化エージェントと総合型エージェントの2つの組み合わせがベストです。

 

なぜなら、特化型エージェントでは網羅できない求人が、総合型エージェントにはあり、その逆もあるからです。

 

公認会計士のキャリアは、色々な選択肢があり、エージェントによってアドバイザリーの知識も異なります。

 

特化型エージェントと総合型エージェントの2つ登録することで、キャリアの選択肢を網羅でき、

 

違った視点でキャリアアドバイザーからアドバイスが受けられるので、転職の失敗を防止できます。

 

おすすめの転職サイト

【総合型エージェント】マイナビ会計士

【特化型エージェント】MS-Japan

【特化型エージェント】ジャスネットキャリア

それでは、特化型サイト・総合型サイトの違いとそれぞれの転職エージェントについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

特化型エージェントと総合型エージェントの違い

転職エージェントには、特化型と総合型があります。

 

特化型エージェントは、会計領域に特化したエージェントで、監査法人、FASなどのコンサルティングファーム、会計事務所、経理、人事などの転職に強く、これらに的を絞ったエージェントのことをいいます。

 

特化型エージェントの代表例は、MS-Japan、ジャスネットキャリアです。

 

総合型エージェントは、会計領域だけではなく、幅広い職種・業界への求人を扱っているエージェントで、求人数が多く、幅広い職種や業界、勤務地があることが特徴です。

 

総合型エージェントの代表例は、マイナビ会計士です。

 

おすすめの転職エージェント

公認会計士の転職でエージェントを選ぶ際のポイントは2つです。

 

ポイント

キャリアアドバイザーが業界に精通しているか

希望している職種、案件があるか

 

上記ポイントはとてもシンプルですが、公認会計士という専門職だけあり、業界に精通したキャリアアドバイザーが多くいる転職エージェントは少ないのが現状です。

 

キャリアアドバイザーは自分が考えもしなかった選択肢の提案をしてくれたりするので、キャリアアドバイザーが誰にあたるかで、自分の未来は変わってくるのでとても重要な人になります。

 

このポイントをきちんと抑えているのがこれから紹介するマイナビ会計士、MS-Japan、ジャスネットです。

 

マイナビ会計士

マイナビ会計士

特徴

求人数が多く事業会社・コンサルティングファームに強い

内定率が高い

キャリアアドバイザーが会計士業界に精通している

まずおすすめしたいのは、マイナビ会計士

 

会計士に特化した唯一の転職サイトで、会計士が転職するときにまず登録する王道の転職サイトです。

 

会計士の求人数は約2,500件と多く、事業会社やコンサルティングファームへの転職につよい転職サイトです。

 

内定率も高く、はじめての転職の方では70%という高いデータとなっています。

 

また、キャリアアドバイザーは、会計士業界に詳しく、日々変化していく会計士の転職市場にかなり詳しいです。

 

他の転職サイトでは、会計士に特化していないことから、キャリアアドバイザーが、会計士業界に強くない人が担当になることも結構あるのですが、

 

マイナビ会計士は会計士に特化した転職サイトなので、キャリアアドバイザーも会計士業界に強くとても信用できます。

 

以前他の転職サイトで転職活動をしたときに、キャリアアドバイザーが全然、会計士業界に強くない人だったので、

 

キャリア相談もネットに書いてある情報を言われるだけであったり、提案される求人情報も自分の希望するところではないなど、かなりストレスがありました。

 

その経験からキャリアアドバイザーが誰になるのかはすごく大事だと実感しました。

 

転職で失敗しないためにも正しい情報を入手しましょう。

 

まずは王道のマイナビ会計士に無料登録して求人をチェックしてみてください。

 

MS-JAPAN

MS-Japan

特徴

管理部門に強い特化サイト

キャリアアドバイザーが会計士業界に精通している

 

MS-Japan経理・人事・法務などの管理部門、会計士・税理士・弁護士などの士業に特化した転職サイトです。

 

会計士・公認会計士の求人数は837件(2021年の情報)とマイナビ会計士にはかなり劣ります。

 

求人数はマイナビ会計士より少ないが、キャリアアドバイザーは、会計士業界に強いので、ミスマッチすることはないです。

 

経理・財務、経営企画・内部監査、人事・総務などの管理部門に特化した転職サイトですので、管理系の仕事がしたいというような、やりたいことが決まっている人にはもってこいの転職サイトです。

 

ぜひMS-Japanに無料登録して求人をチェックしてみてください。

 

一方で、やりたいことが決まっていないひとは、マイナビ会計士のような総合型の転職サイトも同時に登録することをおすすめします。

 

なぜなら、やりたいことが明確でない人が特化型だけに登録してしまうと、はじめから選択肢が絞られているので、他の選択肢があるにも関わらず、気づかずに転職先を探してしまうというデメリットがあるからです。

 

公認会計士
せっかく会計士になったのですから、選択肢は広い方がいいですよね!

 

要注意

やりたいことが明確でない人は総合型の転職サイトのマイナビ会計士も登録しておきましょう!

 

 

ジャスネットキャリア

豊富な転職情報【ジャスネットキャリア】

特徴

経理・監査・会計・税務・コンサルティングに特化型サイト

キャリアアドバイザーが会計士業界に精通している

 

ジャスネットキャリアは、経理・監査・会計・税務・コンサルティングに特化した転職サイトです。

 

公認会計士の求人数は約900件とMS-JAPANと同じくらいとなっていますが、経理・監査・会計・税務・コンサルティングだけで、2,000件ほど案件がありますので、マイナビ会計士に負けず劣らずの求人数です。

 

キャリアアドバイザーは、業界に精通している人で、それぞれ専門の領域を持ち、転職成功までしっかりサポートしてくれます。

 

会計、税務、経理・財務分野への転職をしたい方には大変おすすめです。

 

ジャスネットキャリアに無料登録して求人をチェックしてみてください。

 

まとめ

おすすめの転職エージェントについて記載しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

この他にも色々な転職エージェントを試してみたのですが、案件数が少なかったり、キャリアアドバイザーが業界に精通していなかったりと色々ありました。

 

そんな中で、会計士の業界に詳しい人がキャリアアドバイザーにつき、会計業界への動向をきちんと認識してアドバイスしてくれた転職サイトは、マイナビ会計士MS-JAPANジャスネットキャリアでした。

 

また、転職サイトの登録は1つだけではなく、複数登録するほうがよく、特化型エージェントと総合型エージェントの両方を登録するのがおすすめです。

 

特化エージェントだけの登録では、総合型エージェントで見つけられるような案件はない場合が多いですし、

 

総合型エージェントだけでは、特化型エージェントにあるような求人を見つけることができなかったりします。

 

ご自身がやりたいことが明確な場合は、それに特化した転職サイトへの登録だけでも大丈夫ですが、

 

やりたいことが明確でない人は、特化型エージェントと総合型エージェントの併用をした方が案件の取りこぼしがないので、おすすめです。

 

おすすめの転職サイト

【総合型エージェント】マイナビ会計士

【特化型エージェント】MS-Japan

【特化型エージェント】ジャスネットキャリア

スポンサーリンク

-おすすめ, 転職