転職

【公認会計士転職】税理士法人への転職、どんな仕事内容?年収は?

 

公認会計士試験合格後、多くの人は、監査法人に就職し、数年経過後、転職を考える方は多いのではないでしょうか。

 

公認会計士の転職先の一つに税理士法人があります。

 

そこで今回は、税理士法人での仕事内容や、転職した際の年収について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

税理士法人とは

税理士法人とは、2人以上の税理士が所属して「法人」の形態を取る組織を言います。

 

一方で、会計事務所というのは個人事業主として運営する形態を言います。

 

税理士法人と会計事務所との違いは、

 

税理士法人は、会計事務所が大きくなった組織とイメージしていれば問題ないです。

 

 

税理士法人での仕事内容

仕事内容

記帳代行

税務申告

監査業務

経営コンサル

 

記帳代行

記帳代行とは、帳簿の作成を代行して行うことです。

 

具体的には、取引先の請求書や領収書などの証憑をもとに、現金出納帳、預金出納帳、仕訳帳、総勘定元帳などを作成する業務です。

 

普通の会社では、経理が行っている仕事ですが、会計知識が不十分な会社であると記帳を自分たちで行うことができないので代行して行います。

 

税務申告

税務申告とは、個人や企業の決算書をもとに、税務申告書の作成を行います。

 

法人の場合は、法人税申告書、消費税申告書、住民税・事業税申告書の作成を

 

個人の場合は、所得税申告書、消費税申告書の作成を行います。

 

監査業務(巡回監査)

税理士法人での監査業務は、定期的に顧客を訪問し、会計処理が適切に処理されているかをチェックする業務で、巡回監査とも言われています。

 

経営コンサル

税務の相談だけでなく、経営戦略やIT戦略などの経営コンサルも行います。

 

その他、相続やM&Aや事業承継の分野に特化した税理士法人も数多くあります。

 

ご自身がどのような経験を積みたいかで、どの税理士法人を選ぶか変わってきます。

 

より詳細な情報は、転職エージェントに登録することで、得られますので情報を収集してください。

 

年間のスケジュール

 

業務
1月源泉所得税・住民税の申告・提出、法定調書の作成・提出、固定資産税の償却資産申告書の提出、12月決算の決算業務
2月12月決算の税務申告
4月3月決算の決算業務
5月3月決算の税務申告、自動車税の納付
6月固定資産税・都市計画税の納付
11月3月決算の中間申告
12月年末調整、源泉徴収票の交付

 

上記の月が繁忙期になり、他の月は閑散期になります。

 

将来独立を目指すなら

将来独立を目指すなら、独立系の税理士法人がおすすめです。

 

Big4のような規模の大きい税理士法人ではなく、何でも経験できる規模の小さめな法人がおすすめです。

 

Big4のような規模の大きいところに行くと、業務が分業化されており、最初から最後まで自分で業務を行うことはなかなかないので、

 

規模の小さいところで、経験をたくさん積んだ方が、独立しやすくなります。

 

税務のスペシャリストを目指すなら

一方で、独立ではなく、税務のスペシャリストを目指すような長く同じ税理士法人にいたいと考えている場合は、Big4のような規模の大きいところがおすすめです。

 

規模の大きいところであると、業務もたくさんありますし、個人レベルでは手を出すことのできないBig案件があったりします。

 

また中小企業にはあまり出てこないけど、大企業にはよくある案件の連結納税や組織再編税制、移転価格税制など幅広く経験を積むことができます。

 

税理士法人は、Big4のような大きいところから、会計事務所と同じくらいの小さなところまで数多くあります。

 

ご自身がどういったキャリアを歩みたいかで、法人選びは変わってきますので、税理士法人の情報を多く持つ転職エージェントに登録し、多くの情報を得ましょう。

 

ジャスネットキャリアに登録する

 

税理士法人での年収

監査法人で何年か経験を積んだ公認会計士であれば、年収600万~とみていれば、大きく外すことはないです。

 

規模が大きい法人では、監査法人とあまり変わらない年収で転職でき、規模が小さいところであれば、下がるか可能性があります。

 

年収を下げたくない方は、転職エージェントを通して会社と交渉してから転職したほうがいいです。

 

税理士法人への転職

次を表す画像

税理士法人への転職を考えているなら、必ず転職エージェントを使いましょう。

 

会計士になる人も税理士になる人も世の中ではそんなに多くないので、

 

税理士法人の年収や、転職情報はあまり出回っていません。

 

しかし、転職エージェントの方は、日頃から転職先の情報を得るために会社とコミュニケーションを取り情報収集しています。

 

会計業界に特化した転職エージェントを利用することで、確かな情報を簡単に得ることができるので、

 

税理士法人への転職を考えている方には、会計に特化した転職エージェントの利用は不可欠になります。

 

会計に特化した転職エージェントは、ジャスネットキャリアがおすすめです。

 

ジャスネットキャリアに登録し、税理士法人の情報をたくさん入手してください!

 

みなさんの転職がうまく行くことを祈っています!

スポンサーリンク

-転職