転職

【公認会計士転職】公認会計士が転職時の面接で準備しておいた方がいいこと

考えている人

 

こんにちは、公認会計士のなおです。

 

公認会計士の転職において、公認会計士の資格を持っていることで、優位になることは多いです。

 

しかし、転職をする際には、資格だけでなく、他にアピールできることがあるかが、転職を成功させるためのポイントになります。

 

そこで、今回は、転職活動を行うときに準備しておいた方がいいことについて紹介します。

 

面接で失敗しないために考えること

これまでの業務経験(経歴)

仕事をする上で心掛けていたこと

コミュニケーション能力を発揮したエピソード

自分の長所・短所

転職先の企業に対する意欲

転職先での貢献事項

 

スポンサーリンク

これまでの業務経験(経歴)

会計系の同業種に転職することが多い会計士は、公認会計士として、どのような経験を積んできたのか1度整理しておきましょう。

 

年齢にもよりますが、公認会計士の転職は、即戦力となることを求められる場合が多いです。

 

転職先で、これまで積んだ経験がどう生かせるのかまで事前にイメージしておくことで、アピールポイントが増えるので有効です。

 

仕事をする上で心掛けていたこと

公認会計士の仕事は、難しいものもある一方で、単調であることが多いです。

 

各自の自己研鑽により、公認会計士としての成長はかなり違ったものになります。

 

仕事をする中で学んだこと、心掛けていたこと等アピールできれば、転職先の印象に残るでしょう。

 

コミュニケーション能力を発揮したエピソード

公認会計士の資格は非常に取得が困難で、職人気質の方が多いので、コミュニケーションを積極的に取ることを苦手に感じているひとは多いのではないでしょうか。

 

しかし、仕事をする上でコミュニケーションを取りながら行わなければならない仕事ばかりです。

 

そのため、コミュニケーション能力を発揮したエピソードがあると、転職先の印象に強く残ります。

 

自分の長所・短所

自分の長所・短所を明確にし、それを、転職先の会社にどうやって貢献していくのか事前に考えておくと良いでしょう。

 

面接で、その人の長所・短所を聞くことで、転職しようとしている会社で求められている働き方の適性があるかの判断材料になります。

 

転職先の情報に合わせて、事前に複数、準備しておくことで、スムーズに答えられるのでおすすめです。

 

転職先の企業に対する意欲

転職活動で重要なことは、転職の軸をしっかり持つことです。

 

将来どういう公認会計士になりたいか、どういった業務を行いたいのかをまずは、明確にしましょう。

 

明確にした上で、面接に臨むと「転職先にどうしても入りたい!」という意欲を出すことができます。

 

「ただ、なんとなく入りたい」「業務が面白そうだからやってみたい」というだけでは、企業としても、絶対に採用しようとはならないですよね。

 

企業に「この人をどうしても採用したい」と思わせるためには、「転職先にどうしても入りたい!」という意欲を出す必要があります。

 

そのために、転職の軸を事前に考えておくことが重要です。

 

転職先での貢献事項

転職先で、何をやりたいか、何を実現させたいかを考えると、自然と転職先での貢献事項というのが出てきます。

 

これを事前に考えておくことで、企業に対する本気度を相手に伝えられるので、面接時に有効です。

 

おわりに

スタートさせる画像

転職時の面接で準備しておいた方がいいことについて記載しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

公認会計士の資格があるから大丈夫と思わずに、面接でどう聞かれても対応できるように事前に準備しておくことは重要です。

 

是非、これらのことを事前に準備して面接に臨み、悔いのない転職活動を行いましょう。

 

面接の対策は、転職エージェントに登録することで、エージェントの方が事前に面接の練習を行ってくれます。

転職エージェントを賢く利用し転職活動を行いましょう。

公認会計士に特化した転職エージェントは、ジャスネットキャリアマイナビ会計士MS-Japanの3つです。

 

おすすめの転職エージェントに関する記事はこちらに書いています。

未来の写真
公認会計士が転職を考えたときに利用するといいおすすめの転職エージェント、サイトを紹介

  そろそろ転職したいなあ… 会計士に特化した転職サイトはあるのかな? どの転職サイトがおすすめなんだろう   転職を考えている公認会計士は多いのではないでしょうか。   ...

続きを見る

スポンサーリンク

-転職