バイト

【公認会計士】学生非常勤の時給は?稼げる?どのくらい働けるの?

 

公認会計士の学生非常勤て稼げるの?
時給はどのくらい?
どのくらい働けるの?
どうやったら学生非常勤できるの?

 

こういった疑問にお答えします。

 

こんにちは、公認会計士のなおです。

 

学生のうちに公認会計士試験に合格すると、監査法人で学生非常勤として働くことができます。

 

学生非常勤は、学生でありながら、会計士としての経験を積むことができ、

 

高時給で働くことができるので、学生で公認会計士試験に合格した人は、ほとんどの人が、学生非常勤をやっています。

 

そこで、学生非常勤の時給や、学生非常勤のやり方、メリット・デメリットについて紹介します。

 

公認会計士の非常勤についてはこちらの記事に記載しています。

【公認会計士】非常勤(バイト)の求人の探し方と時給・年収について紹介

  公認会計士のバイトって時給いくらなの? どうやって探すの?   こういった疑問にお答えします。   公認会計士になったら、みんな1度はバイトしたいと考えるのではないで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

学生非常勤の時給は?

学生非常勤の時給は、どこの監査法人に入社するかで少し変わりますが、2,500~2,700円です。

 

残業をすると時給3,000円を超えてきます。

 

普通のアルバイトをするよりかなり高いですよね!

 

会計士試験に合格してよかったと感じられると思います。

 

学生非常勤はどうやったらできる?

学生非常勤をするには、論文式試験に合格し、監査法人に入社する必要があります。

 

学生非常勤として働きたい旨を監査法人に入社する際の面接時に伝えれば大丈夫です。

 

監査法人は2月入社なので、大学4年生の場合は、4月までの2か月間は非常勤勤務になり、4月から常勤に切り替わります。

 

大学3年生で合格した場合は、1年間+2か月(14か月)学生非常勤として働くことができます。

 

学生非常勤のメリット

メリット

稼げる

社会経験が積める

非常勤での関与時間によってはスタッフ2年目になることができる

 

稼げる

何と言っても、学生非常勤は時給が高いので稼げます!

 

ちなみに常勤(スタッフ層)よりも高いです。

 

1日7時間、残業なしで働いた場合、1日で2万円弱も稼げます。

 

1日(残業なしで)働いた場合

7時間×2,700円=18,900円

 

繁忙期の時期(4.5月)にフルで入った場合は、月に40万円弱も稼げます。

 

1か月働いた場合

7時間×2,700円×20日=378,000円

 

繁忙期の場合は残業なしということはめったにないでしょうから、50万円弱は稼ぐ人が多いでしょう。

 

学生の立場で月に50万円稼げるなんて夢のようですよね!!

 

社会経験が積める

学生非常勤の勤務は、学生でありながら、常勤と同じように1スタッフとして扱われます。

 

普通のアルバイトのようなバイトの扱いではなく、会計士として扱われるので、会計士としてのキャリアがスタートします。

 

非常勤での関与時間によっては常勤時にスタッフ2年目になることができる

非常勤で働いた時間が一定数を超えると、次年度スタッフ2年目になることができます。

 

非常勤勤務を選択すると、常勤になったときにスタッフ1年目となるのですが、

 

非常勤で働いた時間数が一定数以上だと、同じ年度に合格した人と同じポジションになれます。

 

関与時間数は法人によって異なると思うので、非常勤を希望される方は、所属法人から情報を入手してください。

 

学生非常勤のデメリット

デメリット

遊ぶ時間が無くなる

他のアルバイトができない

 

遊ぶ時間が無くなる

学生非常勤をすると当たり前ですが、非常勤をやらない人に比べてあそぶ時間は無くなります。

 

ただ、まったく遊ぶ時間がなくなるというわけではなく、

 

働きたい日を自由に選ぶことができます。

 

例えば、週3日働いて、他の日は大学や遊ぶ時間とすることができますし、

 

大学が忙しい時期などには、全く働かないといったこともできます。

 

勤務希望日は、2~3か月くらい前に事前に提出し、業務があればアサインされ、働くことになります。

 

繁忙期の4~5月であれば、確実に働くことができ、閑散期であっても、割とアサインはあるので、

 

「経験が積めない」「稼げない」なんてことはないので、安心してください!

 

他のアルバイトができない

監査法人で学生非常勤をすると、学生非常勤と掛け持ちで他のバイトをすることができなくなります。

 

どうしてもやりたいバイトがあるひとには、デメリットかもしれません。

 

他にやりたいバイトがある人は、論文式試験後から合格発表までの期間を利用するといいでしょう。

 

論文式試験合格後から合格発表までにやっておくといいことはこちらの記事を参考に!

公認会計士試験後から合格発表までの間で経験しておいた方がいいこと

  公認会計士試験後から合格発表前て少し間空くけど、何かやっておいたほうがいいことてあるのかな?   こんにちは、公認会計士のなおです。   公認会計士試験の論文式試験後 ...

続きを見る

 

学生非常勤の注意点

注意点

毎日(希望日)アサインされるわけではない

アサインのある日は最低7時間勤務

マナーには気を付ける

 

毎日(希望日)アサインされるわけではない

勤務希望日は、2~3か月くらい前に事前に提出し、業務があればアサインされます。

 

勤務希望日に業務がない場合はアサインされないこともあります。

 

繁忙期(4~5月)の場合は、週5日でもアサインはあると思いますが、

 

閑散期(4~5月以外)に週5日働いて稼ぎたいと思っていても、

 

実際は週3日しかアサインがないこともあるので、要注意です。

 

アサインのある日は最低7時間勤務

アサインのある日は、1日(7時間)最低あると思ってください。

 

たとえば、午前中は大学に行って午後の3時間くらい働きたいとかは基本的にはできないのでご注意ください。

 

マナーには気を付ける

くれぐれもマナーには気を付けてください。

 

学生非常勤は、周りよりも早く合格して、高ぶる気持ちはあると思ますし、

 

周りはまだ学生だったりするので、学生気分が抜けずに現場に行くとマナーがなってないとクライアントや監査チームから判断されます。

 

せっかく周りよりも早く合格して優秀なのに、マナーにおいて評判を落とすのはもったいないです。

 

次もアサインしたいと思われるように社会人としてのマナーに気を付けましょう。

 

おわりに

学生

学生非常勤について記載しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

学生非常勤は普通のバイトに比べ時給が高く、学生でありながらいろいろな経験ができるので非常におすすめです。

 

学生非常勤をやりたいと考えている方、是非参考にしてみてください。

 

これから試験に挑戦する方は、是非学生合格ねらって頑張ってください!!!

 

合否が不安な方は、こちらの記事を参考に次の専門学校の情報を収集し良いスタートが切れるように備えてください!

勉強の画像
【公認会計士試験】過年度生むけ専門学校比較!おすすめの専門学校は東京CPA!

  今回公認会計士試験受けたけどダメだった… くやしい… 予備校このままでいいのか不安だ…   こんにちは、公認会計士のなおです。   公認会計士試験受けたけど、結果がい ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-バイト